大人ニキビの治し方!思春期ニキビとの違いとは?

大人ニキビと思春期ニキビの違いって何!?

10代の思春期の頃によくニキビができていたって方も多いとおもいます。

 

もう大人になったから大丈夫!なんて思ったりしていませんか?

 

大人になってもニキビはできてしまいます。

 

 

よく大人ニキビなんて呼ばれていますよね。

 

 

毎日忙しく過ごしていたり、ストレスを感じているうちに
ニキビ、吹き出物ができてしまいます。

 

 

この大人になってできてしまうニキビって思春期の頃にできていた
ニキビと同じなの?

 

 

思春期にできてるニキビと大人ニキビの違いって!?

 

 

まず思春期にできてしまうニキビというのは、思春期に起こる特有のホルモンバランス
が崩れることによってできてしまうのが原因です。

 

皮脂の分泌量が過剰になってしまい、アクネ菌と呼ばれる菌が増加してしまうことが
原因でニキビができてしまうんです。

 

 

おでこや鼻にできやすいのが特徴です。

 

 

 

では大人ニキビはどうか?

 

大人ニキビと呼ばれているニキビは主に20代以降にできるニキビのこと。

 

この大人ニキビというのは思春期にできるニキビとは原因が異なります。

 

思春期にできるニキビは皮脂の過剰分泌が原因でしたが、大人ニキビの
原因は生理周期、ストレス、そして乾燥等によって起こります。

 

生理周期、ストレス、乾燥により毛穴の周辺のターンオーバーが過剰
になることで角層が厚く積もってしまいます。それによって毛穴が詰まって
炎症が起きてしまいます。

 

これが大人ニキビのメカニズムです。

 

口元、あごにニキビができやすいのが特徴ですね。

 

 

 

 

大人ニキビは乾燥が原因している!でもただの乾燥では…

ニキビの原因が乾燥なら、乾燥肌の方はよくニキビができる!?

 

これはちょっと違います。

 

乾燥肌と呼ばれる人が必ずしもニキビができやすいというわけでは
ありません。

 

乾燥肌の方でも顔全体の水分量のバランスがよければニキビは
できにくいんです。

 

ではよくニキビができやすい状態というのは、顔全体の水分量の
バランスが悪く、バラつきが多い肌のこと。

 

つまり、顔全体の一部分が水分不足になっていれば、そこに
大人ニキビができてしまいます。

 

水分不足で乾燥することで毛穴がつまり、ニキビができるという
仕組みですね。

 

この乾燥というのは生理前によく起こり、さらに顔の中でも
フェイスラインによく起こり、特にあごにできやすくなります。

 

 

 

大人ニキビの改善方法とは?大人ニキビのケアの仕方

では大人ニキビはどうケアすればいいのか?

 

 

大人ニキビを改善するのなら、まずはその原因である毛穴のつまりを
取り除くことが大切です。

 

それもやさしく取り除くことが大事!

 

毛穴の汚れを取り除いたうえで、ニキビのできやすい乾燥状態を
改善するために、うるおいとニキビに対して有効な成分を与えて
あげること!

 

つまり集中したニキビケアが必要になるわけです。

 

 

 

ニキビケアは肌サイクルに合わせてケアすることが大事で予防が必須!

 

ニキビをケアする期間の目安として1ヶ月が望ましいと言われています。

 

それは何故か?

 

肌が生まれ変わるのが約28日です。

 

この肌の生まれ変わりをターンオーバーと呼びます。

 

ターンオーバーを簡単に説明すると、肌の奥では新しい細胞が
生まれています。

 

その新しい細胞が表面に向かって少しずつ上がっていき、
古くなって剥がれていきます。

 

剥がれるまで約1ヶ月かかるんですね。

 

 

なので、1週間ぐらいケアしたのに何も効果がない!と諦めるのは
早いんです。

 

 

なのでニキビケアの目安は1ヶ月かかるということを知っておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

大人ニキビに必要なものとは?

大人のニキビを本気で治したいのなら、自分で考えたケアをするよりも、
当然大人ニキビ対策の基礎化粧品を使って治した方が効果的です。

 

 

特にニキビに対して有効な成分が配合されているものがオススメ。

 

効果的にニキビを治したいのならそういったニキビ有効成分が
配合されているものを選びましょう。

 

 

ニキビ有効成分が配合されていて、ニキビケアに効果的なのが
ルナメアACです。

 

ルナメアACを試すのならまずはトライアルセットでお試しください。

 

ルナメアACの公式サイトはこちら